活用例
上海岳陽病院歩行の分析
上海岳陽病院
12m×8m
歩行の分析
人体の動作
12つのMars 2Hモーションキャプチャーカメラ

歩行の分析は歩行規則を研究する検査方法ですが、生物力学と運動学の手段によって、歩行の異常の肝心なプロセスと影響要素を結び付けて、それによって回復評価と治療を指導して、同時に臨床診断、治療効果の評価とメカニズムの研究などにも役立つことを目指しています。正しくて高い効率の歩行の分析は、医療関係者と患者にとってきわめて重要です。

過去、人々はカメラとビデオを使って、異なる角度から患者の歩行の姿を撮影して、画像と映像を利用して手動で関節角度の分析を行っていましたが、このようにすると、かなり多い時間と人力がかかって、且つ手動で測定したデータに誤差がわりに大きくて、効率が非常に低かったのです。三次元歩行分析システムの登場は歩行の分析の測定方法を改善しましたが、このシステムは通常に三次元モーションキャプチャーシステム、三次元力測定プラットフォームと表面筋電から構成されており、3種類の設備はそれぞれ人体の歩行中における各関節点の精確な三次元座標、足底と支持面の間の圧力(垂直で、左右、前後という3つの方向の力)、およびEMG筋電信号を採集して、専門の歩行分析ソフトウェアを利用して三次元の再建と模型分析を行って、人体の運動時の歩行のパラメーターを受けるので、高精度、高効率、高い同時性という3つの著しい特徴を持っています。

27feeda0-f2b2-44b3-9a89-c8abd8b693a6~1.jpg

ここ数年来、三次元歩行分析システムは次第に病院とリハビリ機構で流行するようになっていますが、その中に姜淑雲主任が指導している上海漢方医薬大学付属岳陽中国医学と西洋医学結合病院の歩行と運動分析センターは強大な医療チームと長年の歩行分析システムの利用経験に頼って、当該応用分野に極めて優秀な者になりました。

2-2.jpg

私達のモーションキャプチャーエンジニアチームの設計と協力によって、2つの大きさが異なる実験室で、それぞれ12と24のモーションキャプチャーカメラ、および数量が異なる三次元力測定プラットフォームと表面筋電を配置しました。ユーザーは三次元歩行分析システムを利用して、測定対象者の歩行中の動作を採集して、システムに作成された報告書によって、寛骨、ひざとくるぶしを主とする下肢関節の角度、関節間の作用力、力のモメント、特定筋肉の表面筋電データを受けて、更にこれらのデータによって患者の異常発生原因を判断して、カスタマイズな介入方案を制定します。

1-1.jpg

この歩行と運動分析センターの医療チームは現在に脳性麻痺患者、児童足形態の異常の歩行分析研究を主として、同時に中国児童の歩行分析データベースの構築に取り込んで、現在に多数に三級甲等病院がそれと科学研究と臨床の面で協力を行っています。三次元歩行分析システムの普及、及び大衆の健康に対してますます重視していることに従って、NOKOV(度量)三次元モーションキャプチャーシステムはこの分野で更に多くの患者を助けて、大衆の健康に護衛することができると信じています。


ここでごニーズを出ること

  • もっと多い情報に関して、メッセージをしたりしてください。

  • 応用分野 *
  • 確認
問い合わせ

問い合わせ